〒606-8204 京都市 左京区 田中下柳町38-1 出町柳駅2番出口から南へ徒歩1分にある鍼灸整骨院です。

 arly Recovery and Prevention   早期回復と予防

ERP下鴨南治療院 接骨・鍼灸 リハビリ・コンディショニング

     スポーツ外傷(ケガ、骨折・脱臼)・腰痛・肩こり・関節痛でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ご予約・お問合せ先

075-748-1144
施術時間
9:00〜12:00 16:00~20:00
(土曜・日曜・祝祭日は休診)

鍼灸(はり・きゅう)について

鍼灸の施術的作用

 運動神経や感覚神経といった末梢神経、交感神経、副交感神経といった自律神経を促進・抑制させ、身体のバランスを整えます。また、鍼を刺すことで痛みを緩和するモルヒネ様の物質が脳内で分泌され、患部の痛みを和らげます。さらに血流を調整し、白血球などを増やし、免疫機能に働きかけ、身体の防衛能力を高めます。

生体の抵抗力を増強する内分泌系に働きかけ、ホルモンバランスを整えストレスに対抗する体づくりに貢献します。

特に灸治療では、赤血球やヘモグロビン(酸素を全身に運ぶ細胞)が増加する「造血作用」、血小板(血液を固める細胞)が増加する「止血作用」、心臓の収縮力を高める「強心作用」があるとされています。このような灸の作用は、貧血や低血圧でお困りの方に効果が期待されます。


<鍼を受けた時の感覚>
初めて鍼灸治療を受けられる方は鍼が刺さる感覚に戸惑いを覚えるかもしれません。
鍼が刺さると様々な感覚を感じることがあります。それを
鍼の「ひびき」と表現しています。個人差がありますが、「ひびき」が起点となり快方に向かうことがあります。「ひびき」を感じない方でも鍼を刺すことで人体に生理的な反応(鎮痛、自律神経調整、ホルモン調整)が起こり、自己修復能力が高まります。

<灸について>
灸は艾(モグサ)を燃やすことで温熱刺激を与え、身体を温めたり、血行促進や免疫反応の活性化を促すことができます。
また、ヨモギの葉から精製される艾は、漢方薬としても飲用され、利尿、消化促進、整腸、冷えの改善、風邪予防などの効果があると言われています。

灸には直接肌にすえる「直接灸」と、艾と肌の間に空間がある「間接灸」があります。
直接灸の場合、灸点紙という銀紙がはってある部分で灸をすえるので火傷の心配はありません。間接灸の場合には台座型の<台座灸>や円筒型の<円筒灸>があり、艾と皮膚の間の空間に熱が集まることで皮膚に暖かさが伝わります。
直接灸で施術するか間接灸で施術するかは、疾患、症状に合わせて判断します。

直接灸の灸点紙:銀紙のところに灸をすえます

間接灸:左が円筒灸、右が台座灸です

いろいろな小児鍼

<小児鍼(しょうにしん)について>
小児鍼の歴史については明らかでないものの、江戸時代には行われていました。また小児鍼は日本独自の療法で、特に大阪を中心とした地域民衆の間に広まった鍼法です。
江戸時代、皮膚を刺激する小児鍼は「小児の健康保持、疾病予防、体質改善」のために広く行われていたようです。

ある文献によれば、江戸時代において、小児鍼を受ける小児は3分の2が健康児で、小児鍼の主目的は「強壮保健」としているものもあります。

現代でも、夜泣き、おもらし、グズグズして機嫌が悪い、眠いのに眠れない、落ち着きがない、などに対して効果があります。
小児特有の症状の改善、元気にすくすく成長するため、一度小児鍼を試してみませんか。
小児鍼は皮膚に鍼を刺すものでなく、写真のような道具を使い、動画のように皮膚をやさしく摩擦します。

鍼灸施術コースと料金表

 当院で使用する鍼の長さは1cm~6cm、太さは髪の毛程度で約0.1mm~0.2mmです。
1本1本個包装された日本製の使い捨て鍼を治療ごとに使用し、処分しますので、感染の心配はありませんし、非常に衛生的です。

1.トータルキュア鍼灸(全身調整鍼灸)

患者様それぞれの体調や症状に合わせて施術方針を立て鍼灸治療を行います。診察では、お悩みの症状や日常生活について質問させていただき、全身の状態を把握するために東洋医学特有の脈診、舌診、腹診を行う場合があります。

腰や肩、膝など運動器の慢性的な痛みやデスクワークでの眼精疲労、全身的な疲労を感じられている方にお勧めです。
また、不眠や月経痛などの自律神経の不調による症状の改善や更年期での不定愁訴や季節ごとの体調不良の改善にも適したコースです。

初検料 1,500円
施術料(20分~40分) 3,500円(一般)
2,500円(学生)

当南治療院は、京都市はり・きゅう・マッサージ指定施術所です。

京都市では,平成30年度、高齢者の健康の保持,増進に役立てるため,満75歳以上(事業年度の4月1日時点)の市民の皆様を対象に,はり・きゅう・マッサージ施術費の一部を助成されています。

はり・きゅう・マッサージの施術費の支払いに使用できる1回1,000円の補助(割引)券をお1人につき4枚交付されています。

当治療院は補助券がご利用できる施術所に指定されておりますので、割引券をお持ちの方は是非ご利用ください。

2.ワンポイント鍼灸/スポーツ鍼灸

<ワンポイント鍼灸>
腰、肩や腕などの1部位に対して行う鍼灸治療です。不具合の箇所をターゲットとして運動器の障害を中心に動作時の痛みを局所的に治療いたします。
子育てや家事で手を使うことが多い方やデスクワークでのタイピングが多い方で、手首に痛みが起こる場合があります。特に現代ではスマホ使用により、手首に痛みを抱える方が多くなっています。腱鞘炎のような局所の痛みに対して、手首のみを治療ポイントとした疼痛緩和を図ります。

<スポーツ鍼灸>
スポーツ選手は分野ごとにケガをしやすい部位があり、障害部位を集中して行う治療となります。疼痛緩和や、可動域の改善を目的としており、早期の競技復帰を目指します。野球肘、シンスプリントなど、痛みの箇所が限局された症状に対して治療を行います。

初検料 1,500円
施術料(20分程度) 1,500円(一般)
1,000円(学生)
3.こどもアキュ(小児鍼)

生後1か月から12歳くらいまでの小児が対象です。
日々の健康保持を目的だけでなく、夜泣き、おもらし、風邪をひきやすい、グズグズして機嫌が悪い、落ち着きない、食欲不振などの症状の改善を図ります。

保護者様同席のもとで診察・治療を行いますでの、安心して受けることができます。
症状の改善は、お子様の体調が良くなるだけでなく、子育てが楽になり、親御様の気持ちに余裕が生まれる効果もあります。

施術時間は、10分~15分程度です。小児は体が小さいため、刺激量を調整し、短い時間での施術が適しています。

初検料 1,500円
施術料(10分~15分) 500円

~知って得する「小児鍼の健康サイクル(SKC)」~

当治療院では、小児鍼の普及を目指して、知って得する「児鍼のイクル」(SKC)活動を行っています。SKC活動は、お子さんの体調がよくなれば ➡ 親御さんも安心し、ゆとりが生まれ ➡「子も親も笑顔の家庭」が生まれる。という理念のもと活動しています

主な活動は、保育園、幼稚園、児童館などにおいて、保護者様とご一緒に、小児鍼の使い方や効用についての実技講演会を行っています。

保育園等の団体様で、小児鍼について興味がありましたら、是非、当治療院までご連絡下さい。使い捨ての小児鍼を使用する場合、実費をお願いする場合がありますが、講演会等にかかる費用は無料です。

4.保険適用 鍼灸

神経痛、リウマチ、腰痛症、五十肩、頚腕症候群、頚椎捻挫後遺症などの疾患は、医師の同意書があれば保険適用(下記の費用)で施術できます。

保険適用 初診料 再診料
1割負担 500円 ~200円
3割負担 ~1,000円 ~500円

ご不明な点、お聞きしたいことがありましたら、ご遠慮なく、当治療院までお問合せください。

新着情報

2019年4月1日
鍼灸治療を受けられる方限定!ERP加算(物理療法機器)の1回無料クーポンを発行中!詳しくは下記から!!
2019年2月28日
3月4日(月)より鍼灸治療を月曜日も行います!月~金曜日まで鍼灸治療の受診が可能となりました!!

お問合せはこちら

ご予約はお電話にて受け付けております。

お電話でのお問合せはこちら

075-748-1144

京都市 左京区 
出町柳駅から徒歩1分